17.1.18

フランスアンティーク  ノルマンディーレースのクロス


今日はノルマンディーレースの
クロスを紹介します。

様々なデザインの繊細なレースが
パッチワークのように
縫い合わされている
エレガントなノルマンディーレース。
また、手刺繍が施されている
手の込んだ仕上がりです。

破れなくコンディションも良いので
アンティークが苦手な方にもおすすめできる
レースです。

このノルマンディーレースのクロスを
Antiques Lis de la vallée へ
更新しました。

https://antiques-suzuran.blogspot.nl/2018/01/blog-post_17.html

詳細は ↑ リンクをクリックしてください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16.1.18

沖縄本島1週間の旅 4日目 美ら海水族館と琉球三線体験


この日は台風が本島に接近する日でした。
『ちゃんや~』さんで朝食を頂き、
向かった先は、『美ら海水族館』

私たちが初めて沖縄に来た時には
まだなかった水族館。
だからお初です。^^
ちゃんや~さんから徒歩で。




美ら海水族館の他
マナティー館、ウミガメ館、
イルカショーを堪能。

この後、地頭代の家(ジトゥデーヌヤー)で行われる
沖縄三線(三味線)体験をするために
おきなわ郷土村へ行ったのですが
入口が封鎖されていました。
台風の為中止かと諦めて
海洋文化館へ。

↓ 海洋文化館では入館料が170円で
プラネタリウムが見放題。^^
3プログラムたっぷり堪能。


海洋文化館を出てきたところで
沖縄郷土村の入り口が別にあることを発見。
封鎖されていた入口は
どうやら工事中ということのようでした。

沖縄三線体験の受付時間ぎりぎりだったので
急いで向かうと何とか間に合いました。


沖縄の民謡が好きなので
嬉しかったです。
課題も大好きな 『てぃんさぐの花』
左利きの主人は残念、見学です。^^




台風が直撃です。^^


『ちゃんや~』さんの母屋で頂く夕食
↓ 養殖が大変な海ぶどう。


やんばる豚あぐ~の陶板焼き



台風直撃でも
フクギ並木に囲まれている民家は
風もなく穏やか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


15.1.18

森の散策


天気予報では晴れの日に
森へ出かけてきました。
これで晴れ~。^^
オランダの天気予報はあまり当たりませんが
(予報が難しいらしいです)
いつも強気の予報のような気がします。


例えばこんな天気なら
日本では曇りと表現するでしょうか。
オランダでは晴れ時々曇り、です。

逆に日本の天気予報で
晴れ時々曇り、と表現されるお天気は
オランダでは快晴。^^


↑ ヒースが広がる場所。


森の中に建つ家。
1週間単位で借りることができます。
ヴァカンスはいつも海外に出かけてしまい
オランダで過ごしたことはないですが
一度森の中で寝起きしてみたいです。^^



オランダは山が殆どないので
湧き水が出る場所も少ないと思いますが
ここは湧き水がでるところで
その湧き水で池ができています。




景色がどんどん変わるところなので
あっという間でしたが
2時間半ほど散策しました。
10㎞以上は歩いたでしょうか。

寒くても森は風から守られているので
楽しく散策できました。
外はやっぱり気持ちいい♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12.1.18

沖縄本島1週間の旅 3日目 備瀬崎の海とワルミ

伊江島

1泊目、2泊目は那覇に滞在。
3泊目からは本部町に滞在しました。

朝一番に那覇を出発して向かったのは
本部町の渡久地港。
水納島でシュノーケリングを
愉しむつもりでした。

備瀬埼ビーチ

ところが渡久地港に到着すると
フェリーは丸一日欠航するとのこと。
青空が広がり、波は穏やかでしたが
台風が近づいているのでした。
台風の影響は翌日からだと思っていたので
残念でしたが予定を急遽変更。
3日目にチェックインするお宿から
徒歩1分の備瀬崎で
シュノーケリングすることにしました。


お魚たくさん見れました。
ニモ(クマノミ)もいましたよ♪


1時間ほどシュノーケリングすると
すぐに疲れてしまう私なのですが
海中の世界が好きな主人は
ず~っと帰ってきません。


↑ いつまでもシュノーケリングする主人。^^

3時間ほどして戻ってきましたが
お宿へチェックインにはまだ早く
少し散策してみようと
『ここからワルミへは歩いて行けますか?』
とビーチ管理人さんに聞くと
『あそこは閉まってるよ。
色々あってね。』
との返事が返ってきました。

そっか・・・と諦めかけていたら(1度目の諦め)
駄目もとで行ってみる?と言われ
行き方を教えてくれました。


言われた通りに来たつもりだったのですが
どうしても入口が見つからず
↓ ビーチに出てきました。
誰~もいないビーチ。


そして諦めて(2度目の諦め)
お宿へチェックインしようと
来た道を戻っていると
地元の方に出くわし
入口が見つけられなかったというと
入口は閉鎖しているけれど
潮が引いていれば
別ルートで行けるとのことでした。
そして何と連れて行ってくれるとのこと。


↑ 先程のビーチから潮が引くと
ひざ上まで濡れるけれど
岩沿いに歩いて行けるのだそう。

そして到着。
↓ 備瀬埼のワルミ


ここは地元の方々にとっては
神聖な場所なのだそうで
滅多に来ない場所なのだそうですが
いつも観光客が溢れていたのだそうです。

 

ここに来ることを2度諦めたのだけれど
案内してくださった方のお蔭で
誰もいない備瀬崎のワルミを
堪能することができました。


『ワルミは呼ばれなければ来れない。』
とも仰られました。


シュノーケリングを終えて
普通の洋服に着替えていたので
ジーパンのひざ上までが濡れました。

案内してくださった方が
ワルミに到着したとき
びしょびしょになった私たちを見て
『後悔しましたか?』と尋ねられましたが
私は濡れながら足場の悪い岩場を歩いているときに
逆のことを考えていました。
『これは絶対に忘れられない想い出になる。』


後からお宿のご主人にこの話をすると
なんとその案内人の方、お宿のご主人の同級生でした。


備瀬埼のフクギ並木を歩いてお宿へチェックイン。

琉球古民家 『ちゃんや~』


備瀬埼ではホテルを予約するつもりだったのですが
ご縁があってみつけたお宿。
また詳しく書くつもりですが
すごく良いお宿です。


お宿のある備瀬埼からはこんな景色が望めます。


久しぶりにコメントを開いてみました。
お返事が遅くなるかもしれませんが・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


11.1.18

アンティーク  木製のビスケットジャー


今日は木製のビスケットジャーを紹介します。

可愛いビスケットの絵柄は手描きで
絵の具がたっぷり使われているので
ぽっこり浮き上がっています。

当店でも何度か紹介してきましたが
最近出会いが少なくなりました。
お探しだった方は是非。

この木製のビスケットジャーを
古道具Lelietje van dalenへ
更新しました。

https://furudougu.blogspot.nl/2018/01/blog-post.html

詳細は ↑ リンクをクリックしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・